11月の気温と服装選び

本格的な秋となり、少しずつ冬を感じるようになってくる頃ですね。
今の時期は、気温のアップダウンが大きく、服装に悩まされる季節でもあります。
毎日のコーディネートに失敗しないよう、ぜひ気温と服装の関係を参考にしてみてください。
 

全国の11月の平均気温を見てみると、北海道は最低気温が1℃前後になり、最高気温は全国的に約8℃〜18℃となっています。
この時期は気温差が10月よりも大きくなり、更に最高気温も全国的に下がり、肌寒さをいっそう感じるようになります。一日を通しても、朝晩と日中の気温差にさらに注意が必要です。
 
気温別オススメの服装は…
 
■25℃未満 ⇒ 長袖シャツ
風が涼しく感じられて、長袖シャツがあると安心です
 
■20℃未満 ⇒ カーディガン
長袖シャツの上にベストや薄手のカーディガンなど、羽織るものが活躍
 
■16℃未満 ⇒ セーター
日向では暖かさを感じるくらい。ふんわりセーターで身軽にお出かけ
 
■12℃未満 ⇒ トレンチコート
風が吹くと体が冷えてしまいそう。風を通さないコートで防寒を。
 
■8℃未満 ⇒ 冬物コート
「冬」を感じる冷たい空気から、厚手のコートでしっかり体を守ろう。
 
■5℃未満 ⇒ ダウンコート
手袋や耳あてで肌という肌をしっかりガード。ダウンなど最大限の寒さ対策を。
 
朝、気持ちよく出社するには、前日に服装を考えておくのも良いですね。
朝の気温だけで慌てて服を選んで、昼間に失敗!なんてことのないように、前日からしっかり朝・昼・夜の気温をチェックしておくのがおすすめです (*^_^*)