衣服の「寿命」

衣服には 寿命 があります。

和服は長寿なのですが、日常的な洋服は 2年~5年 というところです。
ただ、一概には言い切れないところが多くあります。

例えば、乱暴な着方をしたり、保管方法を誤ったりすれば寿命は短くなってしまいます。
また、平均寿命以前に 素材や加工法のせい で、寿命の短い衣服もあります。

一例として、ポリウレタン素材の合成皮革の製品 があげられます。

そういう製品には、たいてい「約3年で劣化(剥離・べたつき)します」と表示されていたり、「衿や袖口などの摩擦は汚れの付き易い部分は特に早く劣化します」と追加説明されています。

つまり、寿命の短い衣服なのです。

こういう衣服をクリーニングすると、クリーニングする前は何でもなくても、クリーニングしただけで痛んでしまう場合があったりします。
クリーニングに出す前に表示の確認をしておく事をお勧めいたします。