消費税の歴史について

2019年の10/1から、今 8% の消費税が 10% に増税されてしまいます。
今は当たり前のように消費税を支払っていますが、いつから導入されたのか覚えていらっしゃいますか?

始めに…消費税が導入される前はどんな税金があったのでしょうか?
それは「物品税」です。

物品税は低所得者でも購入せざるを得ない生活必需品などが非課税になっており、代わりに高所得者が購入する贅沢品には高い税率で課税されるという税制であるため、一億総中流社会の原動力になったシステムといえます。

具体的には、宝石、毛皮、電化製品、乗用車あるいはゴルフクラブや洋酒などといった贅沢品が物品税の対象とされていて、日本の「物品別間接税」は世界に先駆けて導入され、現在欧米で導入されている「間接税の物品別軽減税率」は日本のこの間接税システムを真似したものであるという説もあります。

消費税が最初に施行されたのは、1989年(平成元年)4月1日でその時の税率は 3% でした。
1988年(昭和63年)12月30日に公布になり、翌年、竹下内閣時に消費税法が成立しました。

さて、平成元年に消費税が導入された時には、3% だった消費税も、1994年(平成6年)村山内閣で 5% に引き上げる税制改革関連法案を成立し、1997年(平成9年)4月1日橋本内閣で実施されました。

そしてまだ記憶に新しい、5% から 8% への引き上げは、2014年(平成26年)安倍政権の時代でした。

そう、前回の消費税引き上げはまだ5年前だったんですね。
そして、今回、2019年(令和元年)10月に 8% から 10% へ。

纏めてみると

1989年(平成元年)4月1日・・・3%
1997年(平成9年)4月1日・・・5%
2014年(平成26年)4月1日・・8%
2019年(令和元年)10月1日・・10%

こんな感じで増税されていっています。

もう増税はこれで打ち止めになって欲しいですけど、どうなるんでしょうねぇ ((+_+))