「麻」のお話し

「麻」と表示されている衣料品は、リネン(亜麻)または ラミー(苧麻)が素材として使われています。

どちらも 「しわ」 が発生しやすい繊維です。
繊維細胞が長く、硬くて張りがあるので、いちど折れじわが付くと元に戻りにくいのです。

しかし 「しわ」 が付くのは麻の自然の性質によるもので、天然繊維らしい特色のひとつとも言えます。

近年は 「しわ」 を気にしないカジュアルウェアが増え、中には 「しわ加工」 を施すファッションもあるくらいですから、麻製品を着こなすには 「しわ」 を味わう気持ちも大切です。

また、麻は、生地特有の張りと色合いを出すために、糸に撚りを強くかけたり、撚りに変化をもたせたりしてある場合があります。
これが水洗いによる収縮の原因になります。

その事から、ジャケットなど型崩れする衣服は、基本的にドライクリーニングにしますが、水洗いする製品では、最初の洗濯で大きく収縮するので、少し大きめのサイズを選択しておくほうが賢明です。