着物クリーニング

大切な着物についてしまった染み、当店がキレイにいたします。

着物クリーニング

大切に着用をされていても、
知らず知らずのうちに染みはついてしまいます。
どんなにキレイな着物でも染みがついてしまっていては台無しです。

京洗いは型くずれなどをせず、洗いあげることができます。
また、京洗いでは落としきれない汚れや染みが残る場合は
染み抜きも合わせて依頼しておくとさらに安心です。

着物は素材がデリケートな絹である上に、染めや柄も多種多様なため、
着物をクリーニングする際は高度な専門的知識と技術が必要になります。

当社の職人は高度な専門的知識と技術を必要とする京洗いを
習得しておりますので、安心してお任せください。

京洗いの工程

01 着物の検品

お預かりした着物の状態を入念にチェックします。ほつれや破れなどがないかも十分確認し、染みや汚れの原因を特定していきます。

02 前処理

前処理をおこないます。染みや汚れを落ちやすくするために下処理をします。

03 匠の職人による洗い

前処理を施した後は、職人が丁寧に一点一点洗っていきます。仕立て上がりのような風合いを出すために、匠の職人の技が必要とされます。

04 点検

染みや汚れが落ちているか点検します。頑固な染みや汚れは特殊染み抜き、または色掛けという復元加工を施し綺麗にします。
※特殊染み抜き・色掛けは別途料金がかかりますのでご相談ください。

05 仕上がり

洗い時のしわを取って、仕立て上がりのような状態まで復元して仕上がりです。