クリーニング工程

受付業務・タグ付け

受付業務・タグ付け

お持ち込みいただいた衣類を点検し、ご要望をヒアリングし適切な
クリーニング処理内容や起こりうるリスクについてお伝えします。

点検項目は付属品の有無、スレ、破れ、変形などの有無、
部分的な変退色やシミ、品質表示など多岐に渡ります。

その後、品物の管理のためタグを取り付けます。
受付伝票に従って、分類記号や顧客名、要望、品物の特徴などを
タグに明記します。

点検・染み拔き

点検・染み拔き

ポケットの掃除や、染み、傷などを点検し、
確認の必要な場合はご連絡させていただきます。

染みのある品物は、丁寧に染み抜きいたします。

洗い・乾燥

洗い・乾燥

主にランドリークリーニング、ドライクリーニング、
ウェットクリーニングがあります。
当店では衣類の汚れの状態に応じて、必要な場合は
ドライクリーニングとウェットクリーニングの両方を行い
汚れを落とします。

その後、通常はタンブラー乾燥機という機械を用いて乾かします。
殺菌や消毒の作用があります。
仕上げのための予備乾燥(生乾き状態)や完全乾燥、
またタンブラーに不適な衣服の場合は、タンブラー乾燥機を
使わず自然乾燥する場合もあります。

仕上げ・包装

仕上げ・包装

ほとんどの品物をアイロンを使用した手仕上げで行います。
仕上げレベルの高さは当店最大のセールスポイントです!

具体的に仕上げではデザイン、シルエット、機能の回復を行います。
また、しわを伸ばして布に張りをもたせ、布の風合いを回復させたり
服にプリーツ(折り目)を付けたりもします。

その後、ポリ袋、紙袋等のパッケージやハンガーを用いて包装します。

お渡し・お持ち帰り後の注意点

預かり証と品物を引き換えに品物をお渡しします。
同時に要望どおりに染みがとれたか、破損箇所はないかなどの確認をします。
料金などが受付の段階で不明で未納の場合は、この時お支払いいただきます。

包装してあるビニール包装は運搬用ですので、ご家庭に持ち帰った際はビニールをはずして、
通気性がある布製のカバーなどに取り替えて保管してください。
これを怠りますと、染み、酸化ガスによる変色、カビなどの原因となりますのでご注意ください。